パズドラを極めるならここ!

 date 11月 14, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

パズドラという今乗りに乗っているソーシャルゲームをご存知でしょうか。ソーシャルゲーム自体現代でもっとも隆盛を極めているコンテンツといっていいものですが、その中でも特に人気を博しているパズドラは、社会現象といってもいいほどのゲームアプリです。ところで、ゲームといえば、攻略サイトが豊富な特徴がありますが、パズドラの場合はどうでしょうか。また、閲覧する価値のあるサイトがどれくらいあるのでしょうか。

そこで、今回は「パズドラ降臨攻略.com」というサイトをご紹介します。こちらは、さまざまなパズドラのコンテンツの情報が載っているサイトとなっています。パズドラのコンテンツの情報には、たとえば、パズドラの攻略情報が挙げられます。

『パズドラ 覚醒スキル『バインド耐性』の無効率 【降臨攻略】』、『パズドラ ギガグラのスキラゲ優先度 【降臨攻略】』、『パズドラ 『フレイムチェイサー』のドロップ率が最も良いのは?』、『パズドラ 耐久で最も使えるモンスターは? 【降臨攻略】』などなど、お役立ちの記事が豊富にあります。

一歩進んだパズドラの楽しみ方をするなら、「パズドラ降臨攻略.com」(オフィシャルウェブサイト→http://xn--0ck4aw2hy751anjuat6tmj1b.com/)に決まりです!

進化したゲーム

 date 11月 13, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

スマートフォンのゲームであるソーシャルゲームは、パーソナルコンピュータにおけるMMOというRPGゲームを、さらに進化させたゲームといえるかもしれません。まず、この2つが共通することは、ゲーム内のパラメータが重要になっているということです。基本的に、プレイヤーはゲーム内の自分のキャラクターのパラメータを上げるための努力をすることになります。なぜなら、パラメータを上げれば、よりゲームのプレイが有利になるからです。しかし、パラメータはなかなか上がらないのが普通で、地道に上げていくしかありません。そこで、その地道な作業を一気に短縮させるのが、課金の存在です。課金をすれば、地道な作業を一気に短縮させ、パラメータを一足飛びに上げることができます。

と、ここまでは、ソーシャルゲームもMMOというRPGゲームも基本的に同じですが、ソーシャルゲームは、この課金方式がよりパラメータ上昇に特化していることが挙げられます。MMOというRPGゲームは、戦闘時間が長く、戦闘そのものを楽しむコンテンツとして成り立っていますが、ソーシャルゲームには、そういった戦闘時間がほとんどないので、パラメータ上昇に直結するのです。

スマートフォンとパーソナルコンピュータ

 date 11月 12, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

スマートフォンとパーソナルコンピュータは根深い関係を持つ機器同士で、それらで利用できるコンテンツも似た形態を見せています。たとえば、ゲームですが、スマートフォンは、パーソナルコンピュータの後に生まれた(普及した)機器ですから、少なからずそのコンテンツには、パーソナルコンピュータからの影響がうかがえます。

たとえば、スマートフォンにおけるゲームをソーシャルゲームといい、パーソナルコンピュータにおけるゲームのジャンルの1つにMMOというRPGゲームがありますが、このソーシャルゲームとMMOというRPGゲームには共通点があります。どちらも、それぞれのゲームとしてのコンテンツでもっとも人気のあるものですが、それだけにあえて似せている部分というのがあるようです。

ソーシャルゲームとMMOというRPGゲームも、どちらも商業的に成功することを目的につくられています。商業的に成功することを目的にするのはとうぜんですが、重要なのはどちらも、商業的に成功するためのアプローチが課金によるものだということです。課金とは、遊ぶときは無料なのですが、より有利にゲームを進めようという場合、お金を払う方式のことを指します。

ゲームアプリとは

 date 11月 11, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

ゲームアプリとはそもそも何なのかというと、一般的にソーシャルゲームと呼ばれているものに他なりません。では、ソーシャルゲームは何なのかというと、携帯端末で遊ぶことができるゲーム全般のことを指します。またソーシャルゲームには、ウェブブラウザを利用した携帯電話ウェブゲーム(ブラウザゲーム)と、アプリケーションを利用した携帯電話アプリゲームの2種類があります。ゲームアプリというのは、後者のアプリケーションを利用した携帯電話アプリゲームに該当します。

ガラケーの携帯電話が普及していた時期は、どちらかというと、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)におけるゲームを指していましたが、スマートフォンが普及するにあたり、スマートフォンのゲームアプリが爆発的に普及していきました。そのため、ソーシャルゲームというのは、本来SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)におけるゲームのことを指していました。

しかし、スマートフォンのゲームアプリが台頭してきたことで、今ではスマートフォンのゲームアプリのことをソーシャルゲームと呼ぶのが一般的になっています。若者をはじめ、数多くの人に支持されているコンテンツであり、ブームといってもいいでしょう。

パズドラユーザー必見アプリ

 date 10月 28, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

パズドラをやっていて行き詰まること、ありませんか?
最初はなんとなく進めても攻略できていたものの、先のダンジョンに進むに連れて攻略できなくなってしまうことありますよね。
私もある一定のダンジョンからまったく攻略ができなくなってしまい、同じくパズドラユーザーである友人に攻略法を聞いてみたりしていました。
ただ、同じことで悩んでいるパズドラユーザーがいないかなーと、軽い気持ちでインターネットを見ていたら、「パズドラ降臨.com」というサイトを見つけました!
⇒http://xn--0ck4aw2h7528b9tza.com/

このサイトではパズドラユーザーがダンジョンを攻略した時の情報や新しいモンスターの使い方、情報などを載せてくれています。私も新しいダンジョンに挑む時や、見知らぬモンスターに出会ったらすぐにチェックするようにしています。
私も一日中プレイし続けている、と言っても過言ではないほどのパズドラユーザーと思っていましたが、私を越えるパズドラユーザーの方の情報なので、信頼して見ています。
みなさんの反応もコメント欄で見れて楽しいですよ。

友人にも最近このサイトを紹介したらとても評判が良かったので、ぜひこのブログを読んで下さっているパズドラユーザーの方々にもぜひ見てもらいたいです!

ゲリラの時間帯を把握しよう

 date 10月 24, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

ゲリラダンジョンはモンスター強化に欠かせないイベントです。モンスターを手早く成長させたいのであれば、どれだけゲリラダンジョンに入りそびれがないか、というのがとても大事になります。

ゲリラダンジョンの種類はいくつかあり、「ルビドラダンジョン」、「サファドラダンジョン」、「エメドラダンジョン」、「ゴルドラダンジョン」、「メタドラダンジョン」「ペンドラの里」などがあります。中には「超○○ダンジョン」などがあります。この「超○○ダンジョン」は通常のゲリラダンジョンよりも更に高い経験値が期待できますので、絶対に見逃せないダンジョンなのです。
ゲリラダンジョンは実は一日に何度か決まった時間に発生します。このゲリラダンジョンの開催時間は公式に発表されていませんが、インターネットでゲリラの発生時間を調べることができます。

私もそのサイトの存在を別のパズドラユーザーから聞いて、インターネットで「パズドラ ゲリラ 時間割」などで調べていたのですが、そういった情報サイトも出てきます。ゲリラダンジョンは多い時には1日に3回ありますので、毎朝ゲリラダンジョンの時間を調べて、その時間になったらアラームを鳴らすようにして忘れないようにしています。それくらい、大事なイベントです。

魔法石の使い方

 date 10月 24, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

みなさんは魔法石をどのように使いますか?
魔法石はモンスターボックスの拡張やスタミナ回復、HP0になった時のコンティニュー、フレンド枠の拡張、レアガチャなどに使うことができます。
私は色々考えた結果、モンスターボックスの拡張に使うのがオススメです。今では400を越えるモンスターボックスまでに拡張しましたが、まだまだ増やしたいと思っています。
モンスターボックスは魔法石を使わない限りは拡張しません。合成用モンスターのストック用にしておけば、いつでも進化合成ができます。

パズドラをやり始めた最初の頃の魔法石の使い方は、コンティニューに使いがちでした。HP0になった時についつい悔しさのあまり、コンティニューに使ってしまっていましたが、後々非常に後悔することがありました。
コンティニューは感情任せで使ってしまいますが、道中でどうしても欲しい、と思うようなモンスターがドロップしない以上はコンティニューはあまりするものではないな、と思いました。

スタミナ回復もよっぽど暇ではない限りは10分に1スタミナが回復するので、ガマンするようにしています。
フレンド枠も魔法石で拡張しない限りは50以上増えませんが、定期的にフレンドを整理するようにしています。フレンドは、3日以上ログインしないユーザーはフレンドを切っています。
レアガチャは非常に悩むのですが、ゴッドフェスでもない限りは自分で獲得してしまえと思ってガマンしています。

ダンジョンクリア後にもらえるコイン

 date 10月 24, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

各ダンジョンでバトル後にもらえるコインは大事にしておきたいですね。
コインに関しては魔法石を使っても獲得できるものではないので、無駄のないように使うようにしています。

私は土日に関してはほとんど「土日ダンジョン」に入りっぱなしです。コインをザクザクもらえるチャンスはこの時しかありませんので、他のダンジョンでモンスターを取っておきたい気持ちもあるのですが、その気持ちをガマンしてひたすら土日ダンジョンに入ってコインを獲得しています。
特にコイン2倍の時は見逃せません。大量コインをもらえる大チャンスですので、暇な時であれば魔法石でスタミナ回復してまで土日ダンジョンに入りっぱなしです。

また、モンスターの合成の時にもなるべく節約するようにしています。合成時に消費するコインは
(合成するモンスターのレベル数×100コイン)×合成されるモンスターの数
ですので、なるべく低いレベル同士のモンスターを合成させてから合成したいモンスターに合成させるとコインの消費は少なく済みます。

私もコインを増やすことに力を入れ続けて来たので、だんだんコイン数が増えてきました。今となっては、500万コインを下回ると不安になるほどになってきました(笑)

ゲームアプリの課金って

 date 10月 15, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

ゲームアプリは無料のものも多いですよね。
私も、ダウンロード時は無料のものを検索して選んでいます。

でも、ゲームを進めていく中で、アイテムなどが普通に無料のままやっているのでは全然足りなくて
ゲームを進めることができなくなってきて、結局アイテムを購入してしまったりすることがあります。
「アイテム課金」という制度にうまく嵌められてしまっているなあと思ってはいるのですが……。

一方、ダウンロード時にお金がかかるゲームアプリもありますね。
それも、一括ダウンロード時に一度費用が発生するものや、毎月定額制のものもあります。

私は暇つぶしが主目的なので、ダウンロードは無料で、どうしてもアイテムが欲しくなってしまった時だけ
アイテムを買ったりする程度なのですが、
ゲームをもっとたくさんする方などは、つい買いすぎるなんてことが無いように気を付けて下さいね。
特に未成年の方(未成年の方でスマホを好きに使える人は少ないかもしれませんが)、
お小遣いの範疇を超えないように気をつけましょう。

いくら使ってしまったかわからなくなりがちな人には、ダウンロード時に支払いが発生するような課金制度のゲームアプリの方が向いているかもしれませんね。

いずれにせよ、ゲームは時間もお金もほどほどに楽しみましょう。

ゲームアプリ、寝る前についつい……

 date 10月 15, 2013    comments  Leave a Comment   postedby  

寝る前についつい布団の中でスマホを触ってしまったりしませんか?
ガラパゴスケータイ時代から、もういつでも寝れる状態にして携帯電話を触るのが好きというか、習慣になってしまっています。
かつてはメールチェックだけだったものが、スマホでゲームをできるようになってからは、むしろ就寝体制を整えるのが早くなり、「布団に入って、さあゲーム」といった感じになっています。

スマホで楽しむのがゲームアプリでなくても、音楽や動画などを寝る前に視聴するという方もいらっしゃるでしょう。

でも、この習慣良くないらしいですね。

スマホやタブレット端末などのバックライトは、本来夜間に高くなるメラトニンというホルモン分泌に影響を与えるそうです。
メラトニンは生体リズムをコントロールする働きがあり、メラトニンの分泌が減ってしまうと睡眠の質が悪くなるそうです。
スマホやタブレット端末を1時間見ていると、日光を1時間浴びたのと同じくらいメラトニンの分泌に影響があり、2時間を超えるとその影響は飛躍的に大きくなってしまうとか。

本当は、就寝2時間前からはスマホなどを見るのは控えるのが望ましいとか。そんなの無理ですが……
せめて就寝前にダラダラとスマホをするのはやめた方が良いようです。
私もちょっと気を付けてみようかな。